C言語講座

大成情報学院のTOP > 講座のご紹介 > C言語講座

C言語

C言語でプログラミングの基礎を学ぶ!

今後のプログラミング学習に活用できる

C言語を通じてプログラミングの基礎を学ぶ科目です。プログラムの書き方を学ぶだけではなく、良いプログラムの作り方や考え方もしっかりと学習します。 この講座で得た知識は、他の様々なプログラム言語で幅広く活用することが出来ます。 その為、大成情報学院では、最初にこのC言語講座を受講して頂いております。 詳しくは「プログラムをルーツから学ぶ 」をご覧ください。

C言語講座の学習風景

こんな方にオススメ

  • プログラミング初心者の方
  • もう1度プログラムの基礎を学習したい方

習得できるスキル

  • プログラムはなぜ動くのか?が理解できる
  • C言語の書き方が理解できる
  
講座データ
受講時間 受講期間(目安) 受講資格 受講料
50時間 3ヶ月 WindowsPCの基本操作ができる方 ¥100,000

開講スケジュールを見る(PDF)

カリキュラム
内容 概要 キーワード
演算 数値データの演算方法を学習します。
  • ・算術演算子
変数 演算結果などを保存する変数について学習します。
  • ・変数のデータ型
  • ・キャスト演算子
分岐 プログラム処理の流れを変える制御文を学習します。
  • ・比較演算子
  • ・if , else , else if
  • ・switch
反復 分岐と同じ制御文である反復を学習します。
  • ・while
  • ・for
  • ・do ~ while
関数 プログラムを部品化し、再利用するため
関数を学習します。
  • ・引数
  • ・戻り値
  • ・変数のスコープ
配列 大量のデータを効率よく保存する、配列を学習します。
  • ・要素
  • ・添字
アドレスとポインタ 変数の「場所」を表すアドレスと、それを保存する「ポインタ」を学習します。
ポインタの理解はプログラムの学習において、重要なポイントになるため、
時間をかけてじっくりと学習します。
  • ・変数とアドレス
  • ・アドレス演算子
  • ・ポインタ
  • ・間接参照演算子
  • ・ポインタのデータ型
  • ・ポインタの演算
構造体 異なるデータ型の変数を一つの型として
まとめて保存できる「構造体」について学習します。
  • ・構造体のメンバ
  • ・ドット演算子
  • ・構造体のポインタ
  • ・アロー演算子
ファイル処理 C言語でのファイル処理について、学習します。
ファイル処理を理解することによって、作成できるプログラムの幅が広がります。
  • ・ファイルハンドル
  • ・ファイルポインタ
  • ・テキスト/バイナリモード

プログラミング未経験でも大丈夫です。

受講のご相談はこちら

ステップアップできる講座

C言語講座でプログラミングの基礎を学習した後は、より高度なプログラム言語の講座が受講できます。

  • Java講座
  • PHP講座
  • アルゴリズムとデータ構造

受講フローチャートを確認する

このページの先頭へ