Java画像処理

大成情報学院のTOP > 講座のご紹介 > Java画像処理

Java画像処理

コンピュータでの画像処理を学ぶ!

Javaで色調補正やフィルタ処理を学ぶ。

Javaを使用してコンピュータでの画像処理を学習します。 画像ファイルの読込/保存の処理およびウィンドウへの表示を初めとし、 画像に対する色調補正やフィルタ処理を紹介します。

受講時間 12時間
受講期間(目安) 1ヶ月
受講資格 Java講座を受講済みの方
受講料 ¥30,000

開講スケジュールを見る(PDF)

こんな方にオススメ

  • コンピューターでの画像処理を学びたい方
  • Javaによる色調補正やフィルタ処理を学びたい方

習得できるスキル

  • 画像ファイルの読込と保存
  • 画像への色調補正(グレースケール/ネガポジ変換)
  • 画像へのフィルタ処理(ぼかし)

コンピュータで画像処理を学べる!

受講のご相談はこちら

受講に必要なスキル

Java画像処理では、開発言語としてJavaを使用します。従って、開発に必要なJavaとプログラミングの基本であるC言語の習得が必須となります。

  • C言語講座
  • Java講座

受講フローチャートを確認する

このページの先頭へ