学習スタイル

現場で活用できるスキルを
身につけよう。

大成情報学院のTOP > 学習スタイル

勉強している男男性

授業方針は現場主義

現場で活躍するプログラマーになる為には、プログラム言語の書き方を覚えるだけではなく、理解することが大切です。

プログラムの考え方を学ぶ

プログラムの考え方を学ぶイメージ写真

当スクールでは、プログラムを「どのように書くべきなのか?」を重要なテーマとしています。内部構造にこそこだわって品質の良いプログラムの作成を目指します。

プログラムの考え方を学ぶへ

プログラムをルーツから学ぶ

プログラムをルーツから学ぶイメージ写真

複数のプログラム言語を効率よく学ぶには、プログラム言語を習得する順序が大切です。そのため、当スクールでは最初に受講できる科目は、C言語のみと定めております。

プログラムをルーツから学ぶへ

より専門的な分野を学ぶ

より専門的な分野を学ぶイメージ写真

自分の作りたい物を開発するには、プログラム言語以外に、専門的な分野の知識が必要となります。当スクールでは、そのようなプログラム言語以外の知識も学習する事ができます。

より専門的な分野を学ぶへ

現役プログラマーから学ぶ

現役プログラマーから学ぶのイメージ写真

大成情報学院の講師は、全員現役のプログラマーです。だからこそ、現場で活用できる知識やテクニックをお伝えできます。是非、生きたスキルを身につけてください。

現役プログラマーに学ぶへ

充実した学習環境

大成情報学院の授業は主に講義型で、みんなと一緒に学ぶことができます。また、自習や授業見学などの充実した環境が整っています。

一緒に学ぶ、みんなで学ぶ

一緒に学ぶ、みんなで学ぶのイメージ写真

当スクールは、一斉授業が主な授業形式です。1クラス5〜10名の生徒に対して講師1人で授業を進めます。ゼミでは各自で課題に取り組むこともありますが、それ以外では講師が皆さんをしっかりと導きます。

受講科目の見学は自由

受講科目の見学は自由のイメージ写真

受講している講座に関しては、教室内に設置している見学スペースにて、自由に授業を見学して頂けます。これから学習する内容の予習をしたり、学習した内容の復習をしたりするのに、ご利用下さい。

プログラミング基礎力チェック試験

プログラミング基礎力チェック試験のイメージ写真

Java、PHPなどの講座は、C言語講座で学ぶプログラミングの基礎力が必須になります。そのため、C言語講座の受講終了後、プログラミングの基礎力をチェックする試験を行います。見事合格されますと、これらの講座を受講することができます。

自習室として利用

日曜日は自習が可能のイメージ写真

授業を休んでしまったり、遅れをとってしまったら、今後の学習に不安を感じてしまうかと思います。当スクールでは、月に数回、教室を開放しており、そこで自習して頂くことができます。質問がある場合は常駐する講師に質問することで、授業の内容をより深く理解することが出来ます。。

こだわりの開発環境

デュアルディスプレイやハイエンドのキーボードを採用し、より学習に集中できる環境を整えました。デュアルディスプレイを採用する事で、プロ(講師)のコードを見ながら学習できたり、振り向く事無く講師の画面を見ることが出来ます。また、キーボードはプログラマーにとって大切な商売道具です。タイピングしている感覚を指で感じることが出来るキーボードで開発することは、ケアレスミス等の防止にも繋がります。

デュアルディプレイ

現場で活躍するプログラマーになって下さい。

このページの先頭へ